Macのメールを削除しても戻ってしまう場合の対処方法

Macで受信したメールを削除しても削除されないことがあります。

iCloudメールやGmail、HotmailなどをApple謹製のメールに設定して使うとなかなか無いのですが、自分のドメインや会社のドメインでメールを設定していると、メールを削除してもメールサーバーと同期するとまた受信フォルダに戻ってしまう事があります。
以前はこのようなことは無かったと思いますが、macOSになった頃からかこの現象が起きるようになりました。

大分悩みましたが、原因を特定

自分はメールをIMAPで受信、SMTPで送信しています。
最近はメーラーの設定が非常に簡単になりましたが、ここに落とし穴があったようです。

メールボックスの特性に落とし穴があった。

メールの送受信は簡単に出来るのですが、ゴミ箱メールボックスの設定が不十分な為、メーラーで削除してもサーバー上から削除されなかったようです。
それ故、何度でも削除したメールが復活してしまう訳です。

また、場合によっては下書きメールボックス、送信済みメールボックス、迷惑メールボックスも設定されないことがあります。

解決方法は簡単

原因さえ分かってしまえば解決方法は簡単です。
以下の方法で、簡単に解決出来ました。

メールを起動

環境設定

アカウント

メールボックスの特性

ここでゴミ箱メールボックスを設定します。

削除済みアイテムを設定すると、INBOX/削除済みアイテムと表示される。 ここまで設定すれば、削除したメールがきちんと削除され復活しなくなる。

設定するメールボックスですが、基本的には削除済みアイテムを設定します。
厳密に設定する場合は、サーバーのメールボックス設定を確認した方が良いと思います。

ただし、注意も必要です。
Trashというフォルダもあり、こちらに設定すればたしかにメールが削除されるようになり、またメールサーバーでもゴミ箱に入るようになるのですが、メーラーの挙動が不審になることがあります。

他のメールボックスもサーバー上のものに設定すると、様々な環境でメールが扱いやすくなる

メールボックスの特性にて、下書きメールボックス、送信済みメールボックス、迷惑メールボックスも設定されないことがあると書きましたが、ここの設定をメールサーバー上のものと同一にすると便利です。
IMAP、SMTP設定でメーラーを使用するのであれば、下書きメール、送信済みメールも共有されるようになりますので、どの環境で送ったか分からなくなることもありませんし、メールを書き途中でもどこでも再開出来ます。

勿論、会社のメールは会社でのみ送信する方もいらっしゃいますから、セキュリティの為にPOPで送信する方が良いこともあります。
設定に関しては、考えて使うようにした方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください