映像研には手を出すな!

最近このblogの存在意義を見失っていました。
書きたいことを書いていく、をテーマに始めたのだから、何書いても良いじゃんと吹っ切れました。

さて、映像研には手を出すな!、面白いですね!!
ちょっとTwitterでツィートしてたのですが、編集するよりそのまま載せた方がライブ感あるかな、と思ったので以下に↓

……大学時代を思い出すなあ!!
トレース台が無くて、窓に紙押しつけて線画作ったり……誰が見るわけでもないのに設定画作ったり……

あれっ、俺……何で泣いて……

ああ……これは物作りが好きな人面白いって言うわ。
うん。

これ……本編の面白さに目が行きがちだけど、OPの設計凄くない!?
アナログっぽさを出しつつ、この色数の少なさで奥行き感を完璧に演出するとか、いやこれマジスゲーんだけど。

いや映像研には手を出すな!……その通りだな!!(面白さに感動するのと、その分析に手が止まる

映像研、キャラクターとして見ると金森のマネジメント能力が高すぎてビビる。
他2人の能力も勿論なんだけど、期日までに終わらせるために2人をどう使うか、他との交渉、マネタイズアイデア、その他管理……

ヤバすぎて秘書に欲しくなるわ!!

あちこちに、ああこれはコレを暗示しているんだなとか色々凄すぎ。
昼過ぎに見始めたばかりなのに、もう7話まで見てしまった……続きまだ?(この次点で夕方

これさ、全てのアニメ制作関係者に贈るエールだろ。
VIVA!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください