flashとHTML5

flashhtml5

動画サイトでもいよいよflashが駆逐され始め、HTML5へと移行しつつあります。
比較すると、17〜20%程HTML5の方が省電化できるそうですが、多くのサイトではいまだflashを使用しています。

これは今まで使ってきた既存のシステムを利用したいからという運営サイドの意図もあるかと思いますが、サーバー負荷や利便性を考えればHTML5の方が有利です。
最近ではAdobeもflash敗北宣言、Google Chromeはflashの互換性にバグが見られるようになってきました(Google傘下のYoutubeも既にHTML5へと移行していますし)。
niconico動画ですらflashからHTML5へと移行しつつあり、NetflixやAmazon VideoもHTML5選択。
だというのに、huluはいまだflashを使用しています。

自分は見たい番組によってAmazon Videoとhuluを使い分けていますが、huluにトラブルが増えてきて少々問題気味です。
早いところ移行して欲しいものですが……

flashとHTML5がPCにどれだけ負荷を掛けるか、自分のPCで確認してみたい方はniconico動画の通常版とβ版として公開されているHTML5版とで動画を再生し、CPUとGPUの使用率を比較してみると分かりやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください