iOS10自体の問題みたい

先月辺りからiPhoneの調子が悪い悪いと言っていましたが、原因はiOS 10にあるのではないかと思っています。
というのも、先日Appleでバッテリーの無償交換プログラムを適用していただきバッテリーを交換してにも関わらず、相変わらず20%前後、省電力モード前後になるとiPhone 6sが強制シャットダウンしてしまうからです。

色々情報をあさってみましたが、どうもコレ、一部のiPhone 6sだけの問題では無くiOS 10.1.1にアップデートした人間全員に起きる問題のようです。

http://www.businessinsider.com/apple-iphone-ios-10-battery-shut-down-bug-2016-11
「一部のAppleユーザーは30%バッテリーが残っているのに強制的にシャットダウンされると主張する」

友人のiPhone6ユーザー、5ユーザーも同様の症状を訴えており、また人によっては異常にバッテリーが消費されるようになったと発言しています。
iOS 10.1.1には、やはりバッテリー関係の問題が含まれているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください