「iPhone」カテゴリーアーカイブ

iPhoneの背面タップはトリプルがいい

iOS14から対応機種ではiPhoneをタップする機能を割り振れるようになりました。
この機能、一般的にはどうやらあまり知られていないようで、少々勿体ない気がします。

例えば、スクリーンショットを撮りたいけどボタンを二つ押すのは面倒、と言う人はiPhoneの背面をダブルタップすればスクリーンショットを撮れるように出来たり、あるいはトリプルタップで特定のアプリを起動するよう仕込んだりも出来ます。

かくいう自分は、WiFiのオフを仕込んでます。
移動中のiPhoneが下手にWiFiを掴んでしまうと、通信そのものが出来なくなるほど遅かったり、あるいはパスワードの入力を求められたりと色々面倒と感じているからです。
以前のiOSではコントロールセンターで完全にオフに出来たのですが、現在では出来ません。
これはWiFiを確認することで場所を特定しやすくなったり、あるいはモバイルネットワークを使わずに通信が出来たり……という利便性もあるからです。

まずは設定してみよう


背面タップの設定はアクセシビリティから行います。

設定からアクセシビリティを選んで、

次にタッチを選択。

更に一番下の背面タップを選択。

ここから設定出来ます。

背面タップは二種類仕込める

背面タップはダブルタップとトリプルタップを仕込むことが出来ます。
それぞれ背面を2回軽くコンコン叩く(タップする)、3回軽くコンコン叩く、と設定出来ます。

例えばダブルタップは画面をロック、トリプルタップはSiriを呼び出す……といった事が可能です。

ダブルタップは誤爆率が高い

背面タップを両方設定し、暫く使っていて思ったのですが、ダブルタップは誤爆率が非常に高いです。
スマホを操作しながら突然ダブルタップとして認識されたり、デスクに置いた途端に認識されたりと、センサーがやや過敏すぎる気がします。

それならトリプルタップも同様では?と思ったのですが、こちらは何故か認識されず。
このあたりは設定のさじ加減を細かく調整出来ると良いのですが。

WiFiオンはコントロールセンターで

元々はダブルタップでWiFiオフ、トリプルタップでWiFiオンを仕込んでいましたが、誤爆が非常に多く、もうやめようかと思っていましたがトリプルタップが勝手に認識されることは無かったので、こちらにWiFiオフを仕込むことにしました。

考えてみれば、WiFiのオンはコントロールセンターからワンタッチで出来ます。
こちらで対処してしまえば問題ありません。

回線容量を逼迫しないか?

WiFiが使えないと、回線容量を逼迫しないかと思うでしょうが、使える場所でオンにすれば良いだけなので、問題ありません。
むしろ、常時オンにすることでセキュリティに問題のあるフリーWiFi等に接続してしまうリスクを考えておきたいところです。

また、回線容量を逼迫するのは基本的に動画コンテンツです。
こちらは最近のサービスでしたら事前にダウンロードして視聴出来たり。
また20GBを主とした回線プランが格安で提供されていますから、こちらを考えるのも良いでしょう。

余談・iOSアップデート

丁度この記事を書いているタイミングで、iOSのアップデートが来ました。

iOSのアップデートは機能追加とバグ対策、またセキュリティのアップデータも含まれます。
次期iOSからは機能追加とセキュリティアップデートが分離されるようで、iPhoneを再起動しなくてもよくなるかもしれません。

しかし、iOS14ではまだ未実装。

個人情報保護の観点からも、iOSアップデートはなるべく早めに行うようにしましょう。

【追記あり】M1 MacでiOSアプリを動かす

M1MacではiPhone/iPad向けアプリ(iOSアプリ)を動作させることが出来ます。
これはCPUがApple設計のARMベースになったからなのですが、iPhoneやiPadはARMベースCPUで動作しているので相性が良いわけです。
元々iOSはMac OSからの派生ですし、CPUのベースさえ揃ってしまえば扱いやすいのは道理ですよね。
エミュレートする必要もありませんし。

インストールの仕方

これは簡単です。
App Storeを起動し使いたいアプリを検索、iPhoneおよびiPad Appをクリックするするだけで表示されます。

Mac向けアプリとiPhone/iPad向けアプリ、両方を検索することだ出来る。

アプリが見つからないこともある

注意しなければいけないのは、元々iPhoneやiPadで使っていたアプリが必ずしも表示されるとは限らないことです。
例えば、私はラジオをよく聞くのでRadikoのアプリを利用しており、Macでもブラウザではなくアプリで使用出来れば便利だなと思って探してみましたが、見つかりませんでした。

一応radiko for auというアプリがあるのですが、これはauユーザー向けのアプリで使い勝手としては非常に不便です。
まだ使えないアプリもありますが、開発が進むともっと使いやすくなるでしょうし、気長に待った方が良さそうです。

使い方と使い心地

さて、インストールが終われば即使う事が出来ます。
アプリはMac向けアプリと同じようにアプリケーションフォルダに入っていて、これをクリックすることで起動します。

iPad向けアプリと同じアイコンが表示される。

iPadで見ていたアプリアイコンがMacに入っているかと思うと、少し不思議な気分です。

早速起動してみる

今回はtorneのアプリを起動します。
早速ちょっとしたバグを発見したのですが、torne mobileはiTuneのコンポーネントを使用するからか、何故かセットでiTunesが立ち上がってしまいます。
立ち上げっぱなしにしてしまえば良いのですが、アプリを細かく起動管理したい方は気になりそうです。

起動は問題無かった。
映像、音声も問題無い。

普通に立ち上がりますね。
トルネフも普通に喋りますし、iPadで出来ていた設定等も普通に出来るようです。
また、iPadで購入していたプラグインなどもiCloudを同期していれば直ぐに使えるようになりました。

録画再生もリアルタイム視聴も出来ます

HDD内に録画されたデータ再生も、リアルタイム視聴も普通に出来た。

何かしら再生に問題は出るかと思いましたが、何の問題もなく視聴出来てしまいました。
録画データの再生も出来ますし、リアルタイム視聴も出来ます。

問題があるとすれば画質ですが、torne以前のアップデートでモバイル環境で高画質再生を出来なくしてしまったのでこれは残念です。
PS3やPS4、PS5、あるいはPC TV Plusであれば元の画質で再生出来ます。

操作は慣れが必要かも

このアプリは元々iPad用に設計されているので、操作にスワイプ等を使うように出来ています。
クリック等は良いのですが、これは左クリックをキープしつつ動かしたりする動作が必要です。

人によってはちょっと慣れが必要かもしれません。
他のアプリに関しても、同様の傾向はあるでしょう。

iOSアプリは細かくまとまっていて便利

いくつか使ってみて思いましたが、iPhone/iPad向けアプリ(iOSアプリ)は細かくまとまっていて便利です。
小さい画面で操作することを前提に設計されているので機能が絞り込まれており、またアプリのサイズも小さくて良いです。

近年ではWebアプリケーションが全盛期ではありますが、あれもこれもやるとなるといちいちブラウザや専用アプリを立ち上げなければならず面倒です。
その点、iPhone/iPadアプリはそこに特化しているアプリが多く、非常に使いやすいです。

Apple Silicon、macOSがどんどん進化していって、MacとiPhoneが更にシームレスに繋がれるようになっていくのが楽しみです。

【追記】torneでiTunesが立ち上がらなくする方法

torneを立ち上げるとiTunesが立ち上がってしまう問題、どうやら動画DL等で使用しているようで、書き出して持ち運ばない場合はオフに出来ます。

システム環境設定→セキュリティとプライバシー→プライバシー→メディアとApple Music

から、torne mobileのチェックを外すだけです。

チェックを外すだけでtorne起動時にiTunesが起動しなくなる。

torne mobileで高画質再生する方法

torne mobile、以前のアップデートで動画を高画質再生出来なくなりましたが対処方法がわかりました。

なんと、新しくBuffalo製のtorneに買い換えろとのことです。
Sony製のtorneから買い換えを促したいのは分かりますが、ちょっとこれは。

以前指摘した、ストレスマーケティングのようでちょっと気に入らないですね。

サイバーアタックと

インターネットは最早生活から切り離せないものとなり、それを利用したサービスも数多くリリースされています。
スマートフォンが普及したことでそれはより身近なものとなり、最早スマートフォンは生活必需品の一つになったとも言えます。

さて、そんな中問題として切り離せないものはサイバーアタック(ハッキング等)です。
去年から今年にかけ、大問題となっている仮想通貨取引所へのアタックは目にしたことのある人も多いと思いますし、クラウドストレージ、SNSからの流出もよく見ると思います。
アタックの手法も日進月歩、過去のメールやサイトによるアタックからハードウェアそのものからのハック、その他数え切れないものがあります。
それに対する対策も、ウイルス対策ソフトによるもの、ハードウェアによるもの、そもそも実行させない機構をソフト的に、ハード的に組込などこちらも日進月歩であり、いたちごっこです。

そういったリスクについての考え方は以前書いたリスクについての考え方を読んで頂ければ分かると思います。
現在、そういった対策を講じるセキュリティ会社の考えは”最早サイバーアタックは必ず起こるものであり、発生してしまった場合如何に損害を小さくするか”が主な考え方となってきてもいます。
しかし、そもそも悪意ある人間からのアタックによる被害は起きて欲しくないもの。それに対する手段として、”感染してしまっても実行させない”、という手法がメインとなってきています。先述したOS毎切り離す手法、あるいは、内部にウイルス等として存在してしまっても、実行させないようソフト的に対策するなど、様々な方法があります。
丁度今日、Intel製CPUのハイパースレッディングの隙を突いた脆弱性が発表され、最新のCPUですから搭載されているPCも多く、被害の拡大が懸念されます。
しかしこれらはOSやアプリケーションのアップデートで対策出来ることが多く、故にメーカーは常に最新のものにアップデートすることを推奨しているのです。アップデートのされない機器は感染しますし、周辺への感染源となります。

最近のアタック手法として、分割型ウイルス、あるいはローカルのマシンにコンパイルさせることでファイアウォールをすり抜けるタイプ、OSのカーネルに存在する実行ファイルに偽装するタイプなど、ハッカー側の進化も凄まじいものがあります。
PCでもセキュリティソフトを入れているから大丈夫、スマホだから大丈夫ということはありえません。
自分自身の情報を守るため、周囲の人間や社会に迷惑を掛けないためにも、ハードウェアは数年に一度の買い換え(そもそも耐久消耗品ですし)、アップデートが発表された際にはきちんと適用するなど、サイバーセキュリティには気をつけるようにしたいものです。
勿論、アプリケーションのアップデートも忘れずに。

mojaveとiOS12と

macOS Mojaveが公開されたので早速MBPをアップデート、一週間ほど使ってみたので雑感などまとめです。 ■アプリケーション周りの互換性 自分が使っているアプリケーションに関しては特に問題無いです。基本的には全て64bitアプリケーションへ移行しているので、特に問題無さそう…… ■OSの安定性 アップデートしてまだ1週間目としての感想ですが、ぶっちゃけHigh Sierraよりも安定している気が…… ■ダークモード 最高オブ最高、なんでもっと早く導入しなかったのとひっぱたきたいレベル。サードパーティーのアプリが、ガンガン対応していって欲しい。Skype、Tweetbot、あたりは以前から対応してるのもありますけど、数日前にTelegramが対応してくれて大変良い感じに。兎に角テキスト周りが見やすくて助かります。

iOS12

もうコレiOSのアップデートに対応している人は全員上げた方が良いレベル。 ゲームが動かない……????知らん(笑 特にiPadの人間、これは本当にオススメ。 ・スペースキーの長押しでカーソルキーになるの、本当に便利。 ・コントロールセンター右上からスライドして引っ張り出せるようになったので、アプリ切り替えとダブらなくてミスが減る。 ・指三本の左右スライドでアプリケーションが切り替えられるの、良い感じ。 みたいな感じでしょうかね。 取りあえず今後も良い感じの機能とかに気付いたら追加していく所存。

iPhone8での写真撮影

iPhone8を入手してから一週間ほどなのですが、これは写真撮影が楽しいです。
大きいカメラも良いのですが、これはこれで気軽に撮れつつもかなりの満足度を得られます(`・ω・ ´)

夜間撮影もかなり頑張れます。


花の鮮やかさ、美しさも相当に頑張って撮れます。

桜の淡い色使いと、奥行きを強調するボケも綺麗です。

夕空を映すビルの窓も良い感じです。

いや写真機としても相当面白いですねコレ。
素晴らしいおもちゃです(*´ v `)

iPhone8がやってきた

先日馬鹿みたいに安い値段でiPhone8をバラまいていたので、ホイホイとつられて機種変更して参りました。
iPhone SE-Xまでは待とうと思っていたのですが、月々216円の魅力には勝てませんでした。
まあ使っていたiPhone6sの動作がちょっとあやしかったので、丁度良かった、というのもありますが。

とりあえず、乗り換えて良かったのはまずSuicaがiPhone本体で使えることですね。
今まではApple Watchで使っていたのですが、何だかんだiPhone本体で使えると非常に便利です。

それと、カメラ性能。
レンズが大きくなったこともあってめっちゃくちゃ良いですねコレ。
暗いところでの撮影は勿論、動画を撮影するにしても6sとは桁違いの写真が撮れました。

この手の料理写真を撮る際は色んなアプリを使うのですが、Apple謹製のカメラアプリでもこれだけ綺麗な写真が撮れました。


中華街をふらふらしながらアバウトに撮っても、良い感じに撮れますな( ˘ω˘ )
この撮影にはMicrosoft Pixを使用してます。

地下鉄のホーム延長先も撮ってみました。
この撮影にはProCameraの高感度+機能を使って撮影してます。

先日、業務用にとZenfone 3 Maxを買ってAndroidの進化に感動したのですが、いやiPhoneの進化も素晴らしいですね。
最先端のガジェットは、これからも常に面白くあって欲しいものです。

iOS11.1

iOSが11.1へとアップデートされました。
70種類以上の絵文字の追加とバグアップデートが主な内容とのことですが、今回はバグアップデートが重要なようで問題となっていた稼働時間問題が修正されているようです。
最新機種では最大4時間も稼働時間が延びたとか。

また、3D touchを利用したアプリスイッチャーも無事復活、この機能を多用する自分としては非常に助かります(iPhone Xのマルチタップを含む機能の為に一部機能が封印されていた、とのこと)。
また、Assistive touchの項目にカスタムアクションが追加されています。

バッテリーが早く減る早く減ると言われてきたiOS11、やっとバッテリーの持ちが改善しそう(  ˘ω˘ ) -3

スマートフォンのガラスフィルム

スマートフォンは液晶そのものがタッチパネルなので、何かしらの保護が必要です。
最近のガラスは硬度が高く、殆ど傷が付かないとはいえ安心感の為にも貼りたいと思う人は多いのではないでしょうか。
自分はあまりフィルムを貼りたくないタイプなのですが、暫く使っているとなんだかんだ傷がついてきてフィルムを貼りたくなります。

さて、透明度や感触を考えるとガラスフィルムが良いと思うのですが量販店等で売っているものはあまりにも高いと感じることが多いです。
そこで最近見つけたオススメのメーカーがあったのでメモ代わりにblogに書き残しておこうと思います。

それがこれ、DOSMUNGのガラスフィルムです。

日本だとAmazon限定で販売しているようですが、2枚で699円と日本製の1枚数千円のガラスフィルムに比べて1/5程度の価格で購入できます。

梱包もしっかりしています。


画面洗浄用のアルコール、拭き取り用の布、ホコリ取り用のシールもちゃんと付属。

実際に貼っても問題ないです。
ガラスの品質も特に問題があるようには思えませんし、良い商品だと思います。

他にもiPad用のガラスフィルム、Switch用、Galaxy用など様々な商品があります。
ストックしておいても良い商品だと思います( ´▽`)

10.3

iOSが更新されて10.3になりました。
今回からファイルシステムがAPFSとなり、20年ぶりにファイルシステムが更新された形になります。
Mac OS 8.1から連綿と使われてきたHFS+に別れを告げ、現代的なものへと置き換わりました。
HFS+は30年前に開発されたHFSがベースのシステムですし、現代のSSDを中心とした半導体素子には相応しくないため、今回の入れ替えになったものと思われます。
詳しくは以下のWWDCの動画を参照してください。

https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2016/701/

OSの更新は放置している人も多いですし、今回はシステムの根幹に関わる更新も含まれているのでPCでバックアップを取ってから更新する方が良いかと思います。

早速使ってみた感想として、APFSの効果が現れているのかアプリの起動や切り替えが早くなった感じがします。
また、iMessageのバグが修正されていて良かったです( ´▽`)

細々としたバグはまだありそうですが、クリティカルなものはすぐ修正されるでしょうし、アップデートしても良いかと思います。