「iPhone」カテゴリーアーカイブ

サイバーアタックと

インターネットは最早生活から切り離せないものとなり、それを利用したサービスも数多くリリースされています。
スマートフォンが普及したことでそれはより身近なものとなり、最早スマートフォンは生活必需品の一つになったとも言えます。

さて、そんな中問題として切り離せないものはサイバーアタック(ハッキング等)です。
去年から今年にかけ、大問題となっている仮想通貨取引所へのアタックは目にしたことのある人も多いと思いますし、クラウドストレージ、SNSからの流出もよく見ると思います。
アタックの手法も日進月歩、過去のメールやサイトによるアタックからハードウェアそのものからのハック、その他数え切れないものがあります。
それに対する対策も、ウイルス対策ソフトによるもの、ハードウェアによるもの、そもそも実行させない機構をソフト的に、ハード的に組込などこちらも日進月歩であり、いたちごっこです。

そういったリスクについての考え方は以前書いたリスクについての考え方を読んで頂ければ分かると思います。
現在、そういった対策を講じるセキュリティ会社の考えは”最早サイバーアタックは必ず起こるものであり、発生してしまった場合如何に損害を小さくするか”が主な考え方となってきてもいます。
しかし、そもそも悪意ある人間からのアタックによる被害は起きて欲しくないもの。それに対する手段として、”感染してしまっても実行させない”、という手法がメインとなってきています。先述したOS毎切り離す手法、あるいは、内部にウイルス等として存在してしまっても、実行させないようソフト的に対策するなど、様々な方法があります。
丁度今日、Intel製CPUのハイパースレッディングの隙を突いた脆弱性が発表され、最新のCPUですから搭載されているPCも多く、被害の拡大が懸念されます。
しかしこれらはOSやアプリケーションのアップデートで対策出来ることが多く、故にメーカーは常に最新のものにアップデートすることを推奨しているのです。アップデートのされない機器は感染しますし、周辺への感染源となります。

最近のアタック手法として、分割型ウイルス、あるいはローカルのマシンにコンパイルさせることでファイアウォールをすり抜けるタイプ、OSのカーネルに存在する実行ファイルに偽装するタイプなど、ハッカー側の進化も凄まじいものがあります。
PCでもセキュリティソフトを入れているから大丈夫、スマホだから大丈夫ということはありえません。
自分自身の情報を守るため、周囲の人間や社会に迷惑を掛けないためにも、ハードウェアは数年に一度の買い換え(そもそも耐久消耗品ですし)、アップデートが発表された際にはきちんと適用するなど、サイバーセキュリティには気をつけるようにしたいものです。
勿論、アプリケーションのアップデートも忘れずに。

mojaveとiOS12と

macOS Mojaveが公開されたので早速MBPをアップデート、一週間ほど使ってみたので雑感などまとめです。 ■アプリケーション周りの互換性 自分が使っているアプリケーションに関しては特に問題無いです。基本的には全て64bitアプリケーションへ移行しているので、特に問題無さそう…… ■OSの安定性 アップデートしてまだ1週間目としての感想ですが、ぶっちゃけHigh Sierraよりも安定している気が…… ■ダークモード 最高オブ最高、なんでもっと早く導入しなかったのとひっぱたきたいレベル。サードパーティーのアプリが、ガンガン対応していって欲しい。Skype、Tweetbot、あたりは以前から対応してるのもありますけど、数日前にTelegramが対応してくれて大変良い感じに。兎に角テキスト周りが見やすくて助かります。

iOS12

もうコレiOSのアップデートに対応している人は全員上げた方が良いレベル。 ゲームが動かない……????知らん(笑 特にiPadの人間、これは本当にオススメ。 ・スペースキーの長押しでカーソルキーになるの、本当に便利。 ・コントロールセンター右上からスライドして引っ張り出せるようになったので、アプリ切り替えとダブらなくてミスが減る。 ・指三本の左右スライドでアプリケーションが切り替えられるの、良い感じ。 みたいな感じでしょうかね。 取りあえず今後も良い感じの機能とかに気付いたら追加していく所存。

iPhone8での写真撮影

iPhone8を入手してから一週間ほどなのですが、これは写真撮影が楽しいです。
大きいカメラも良いのですが、これはこれで気軽に撮れつつもかなりの満足度を得られます(`・ω・ ´)

夜間撮影もかなり頑張れます。


花の鮮やかさ、美しさも相当に頑張って撮れます。

桜の淡い色使いと、奥行きを強調するボケも綺麗です。

夕空を映すビルの窓も良い感じです。

いや写真機としても相当面白いですねコレ。
素晴らしいおもちゃです(*´ v `)

iPhone8がやってきた

先日馬鹿みたいに安い値段でiPhone8をバラまいていたので、ホイホイとつられて機種変更して参りました。
iPhone SE-Xまでは待とうと思っていたのですが、月々216円の魅力には勝てませんでした。
まあ使っていたiPhone6sの動作がちょっとあやしかったので、丁度良かった、というのもありますが。

とりあえず、乗り換えて良かったのはまずSuicaがiPhone本体で使えることですね。
今まではApple Watchで使っていたのですが、何だかんだiPhone本体で使えると非常に便利です。

それと、カメラ性能。
レンズが大きくなったこともあってめっちゃくちゃ良いですねコレ。
暗いところでの撮影は勿論、動画を撮影するにしても6sとは桁違いの写真が撮れました。

この手の料理写真を撮る際は色んなアプリを使うのですが、Apple謹製のカメラアプリでもこれだけ綺麗な写真が撮れました。


中華街をふらふらしながらアバウトに撮っても、良い感じに撮れますな( ˘ω˘ )
この撮影にはMicrosoft Pixを使用してます。

地下鉄のホーム延長先も撮ってみました。
この撮影にはProCameraの高感度+機能を使って撮影してます。

先日、業務用にとZenfone 3 Maxを買ってAndroidの進化に感動したのですが、いやiPhoneの進化も素晴らしいですね。
最先端のガジェットは、これからも常に面白くあって欲しいものです。

iOS11.1

iOSが11.1へとアップデートされました。
70種類以上の絵文字の追加とバグアップデートが主な内容とのことですが、今回はバグアップデートが重要なようで問題となっていた稼働時間問題が修正されているようです。
最新機種では最大4時間も稼働時間が延びたとか。

また、3D touchを利用したアプリスイッチャーも無事復活、この機能を多用する自分としては非常に助かります(iPhone Xのマルチタップを含む機能の為に一部機能が封印されていた、とのこと)。
また、Assistive touchの項目にカスタムアクションが追加されています。

バッテリーが早く減る早く減ると言われてきたiOS11、やっとバッテリーの持ちが改善しそう(  ˘ω˘ ) -3

スマートフォンのガラスフィルム

スマートフォンは液晶そのものがタッチパネルなので、何かしらの保護が必要です。
最近のガラスは硬度が高く、殆ど傷が付かないとはいえ安心感の為にも貼りたいと思う人は多いのではないでしょうか。
自分はあまりフィルムを貼りたくないタイプなのですが、暫く使っているとなんだかんだ傷がついてきてフィルムを貼りたくなります。

さて、透明度や感触を考えるとガラスフィルムが良いと思うのですが量販店等で売っているものはあまりにも高いと感じることが多いです。
そこで最近見つけたオススメのメーカーがあったのでメモ代わりにblogに書き残しておこうと思います。

それがこれ、DOSMUNGのガラスフィルムです。

日本だとAmazon限定で販売しているようですが、2枚で699円と日本製の1枚数千円のガラスフィルムに比べて1/5程度の価格で購入できます。

梱包もしっかりしています。


画面洗浄用のアルコール、拭き取り用の布、ホコリ取り用のシールもちゃんと付属。

実際に貼っても問題ないです。
ガラスの品質も特に問題があるようには思えませんし、良い商品だと思います。

他にもiPad用のガラスフィルム、Switch用、Galaxy用など様々な商品があります。
ストックしておいても良い商品だと思います( ´▽`)

10.3

iOSが更新されて10.3になりました。
今回からファイルシステムがAPFSとなり、20年ぶりにファイルシステムが更新された形になります。
Mac OS 8.1から連綿と使われてきたHFS+に別れを告げ、現代的なものへと置き換わりました。
HFS+は30年前に開発されたHFSがベースのシステムですし、現代のSSDを中心とした半導体素子には相応しくないため、今回の入れ替えになったものと思われます。
詳しくは以下のWWDCの動画を参照してください。

https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2016/701/

OSの更新は放置している人も多いですし、今回はシステムの根幹に関わる更新も含まれているのでPCでバックアップを取ってから更新する方が良いかと思います。

早速使ってみた感想として、APFSの効果が現れているのかアプリの起動や切り替えが早くなった感じがします。
また、iMessageのバグが修正されていて良かったです( ´▽`)

細々としたバグはまだありそうですが、クリティカルなものはすぐ修正されるでしょうし、アップデートしても良いかと思います。

揃わぬ足並み

question

先日Appleの発表したiPhone 6s無償バッテリープログラム、もしかしたら日本では提供されないかもしれません。

というのも、一昨日コールセンターに問い合わせた時点ではシリアル等を確認し適用されるとのことでApple Storeの予約を取って頂き足を運んだのですが、現地ではサポート適用外であると言われてしまいました。
コールセンターの人間が誤った案内をしてしまった、とのことだったのですがシリアル等を確認した上で正式に回答頂いているので有り得ることでは無いと思います。もしかしたら、Apple Inc.とApple Japanで足並みが揃っておらず、更に実店舗にも連絡不足であったのかもしれません。

やや邪推するのであれば、日本語のサポートページが未だに日本語表記されないあたりに何かしらの作為がある可能性。
というのも、日本はマーケットが無い割りに英語が出来ず、ローカライズコストがまずかかります。
しかも完璧主義で、文句ばかり言われるので……英語がわかって、かつ企業とエンドユーザーとの関係を理解している人間にしか対応しない……という意味で切り捨てられているのかも……と。
もしくは、単にバッテリー問題としたのはややAppleの勇み足等であり、iOSのアップデートで解消される問題であった可能性もあります。
しかし現時点でサポートプログラムのページは削除されて折らず、更に根深いハードウェア側の問題の可能性もあります。
Appleとしては問題を認めてしまうより、更に便利になっているiPhone 7へと移行してしまって欲しいのが本音だと思うので判断が難しいところなのでしょう。

とはいえ、Samusungのスマートフォンが世界中で爆発あるいは炎上している件を考えるとAppleとしては堅実な製品を作り、自社製品の堅牢さ、サポートの充実を訴えるべきではないかと考えます。それによってAppleは企業として充実のサポートを謳うことが出来るのですから。

さて、今回は自分はあくまで「コールセンターが間違った案内をしてしまったので無償でバッテリーを交換いたします」とのことでバッテリーを交換して頂けましたが、今後はどうなるかわかりません。
ジーニアスバーでは含んだ言い方をされたので、もしかしたら本当の問題はバッテリーでは無いのかもしれませんね。

iPhone 6sの電源が突然落ちる問題

ss2016-11-21iPhone 6sの電源が予期せぬシャットダウンを起こす問題について、Appleがバッテリー無償交換プログラムを提供する事になりました。
ただし、まだ日本では正式発表では無いので注意が必要です。

対象となるiPhone 6sは携帯キャリアから購入したものでは非対応で、Apple Storeや公式サービスプロバイダ等から購入したものに限定するとのこと。
既に携帯キャリアから購入する意味は無く、しかもApple Storeで買った方が安いので銀座のApple Storeで買った自分のiPhoneは対象のようで良かったです(;´・ω・) -3

しかし、携帯キャリアから買った方々のiPhone 6sはどうなるンでしょうか……

【追記】
このバッテリー無償交換プログラム、Apple Storeに修理持ち込みで在庫があればその場で交換という話だが、無い場合は1週間ほど時間を貰うとのこと(その他公式サービスプロバイダ等でも同様)。
その際には代替機は自分でキャリアから借りなければいけないので注意ですなー(藤村D風に